地方男子の婚活記録~婚活地獄へ突入~

地方在住アラフォー男の婚活ブログです。婚活も三年目。婚活地獄にいることを自覚せざるをえません。
地方男子の婚活記録~婚活地獄へ突入~ TOP  >  スポンサー広告 >  その他 >  なぜ男女平等なのにデート代男持ち 男の責任に揺れる若者たち

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
↑↑よろしければ応援クリックお願いいたします↑↑
皆様には何のメリットもありませんが、私がブログを続ける
モチベーションにつながります。



最近いい出会いがない?幸せがやってくる予感はここから♪ツヴァイ♪

【注目情報】一年以内に結婚を考える人が使っているシステムとは?

ブライダルネットの安心・確実なインターネット結婚情報!
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なぜ男女平等なのにデート代男持ち 男の責任に揺れる若者たち

 
 旧態依然の男の責任だけは残り、都合のいいと
ころは男女平等。

 ブログで何度も書いているけど、女性が多い趣味
を持っている私は、こういうババアどもを大量に
みてきている。

 ババアといっても20代の人もいる。年齢じゃない。
やっていることがババアなんだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121013-00000302-fukui-l18
より引用


なぜ男女平等なのにデート代男持ち 男の責任に揺れる若者たち

福井新聞ONLINE 10月13日(土)8時56分配信
なぜ男女平等なのにデート代男持ち 男の責任に揺れる若者たち
拡大写真
男女の社会参画に不平等を感じる若い男性たちがいる。「同じ給料ならデート代は割り勘が基本」と彼らは言う(写真と本文は関係ありません)

 ■世代間のギャップを一考、連載企画「若者のミカタ 福井『今どき』考」(6)■

 9月末、若者の教育プログラム策定に向けて開かれた福井県教委の検討会。70歳を間近に控えた県内の企業経営者から厳しい声が飛んだ。

 「最近の若い男性は競争心がない。決断力も女性社員の方が上だ。このままではアジア諸国との競争に負けてしまう」。一代で海外展開する企業を築いた経営者の危機感は強かった。

 「それは、競争心のある人を探して雇えば、としか…。採用の問題でしょ」と苦笑いで受け流すのは県内の公務員1年生、滝俊也さん(22)=仮名。今風なショートレイヤーの前髪を気にしつつ伏し目がちに話す。

 「自分は主夫になりたかった。社会で人間関係を築くの面倒だし、主婦は責任もなくて楽だなあと。女性は働きたければ働けばいいし、選択できてうらやましい」。将来結婚して、妻から仕事を辞めるよう求められたら、応じるつもりだ。

 今、インターネットの匿名掲示板には“女性のわがまま”を誇張し、揶揄(やゆ)する書き込みが並ぶ。

 「女性につらい仕事を押しつけないこと。かといって雑用やらせるのもダメ。それで給与も昇進も平等にね」「これからは働く妻を夫が支えなきゃ。あ、もちろん収入は夫が多くて当然だけど」

 「男性差別だ」とのネットの声に、滝さんは「その通り」と感じる。

 男女共同参画の揺り戻しにも見える風潮に、県立大の塚本利幸准教授(48)=社会学、社会調査=は「特に今の若い男性には、鬱屈(うっくつ)した思いがある」と指摘する。

 「バブル崩壊後、企業は若者の新規採用を非正規労働者に置き換えた。若者の雇用が不安定化する一方、男性が家計を支えるという『片働きモデル』は男女の意識に根強く残っている」。社会システムが変化したのに、考え方が追いつかない「過渡期」の摩擦と見る。

 厚生労働省の2004~07年の経年調査では、年間所得300万円未満の男女を比べた場合、女性は高所得女性とさほど変わらず結婚できている。一方で男性は高所得男性に比べ、明らかに結婚できた割合が低い。

 男女平等といいながら、男性は金がないと結婚もできない状況にある。「結婚の場面では、特に強く不平等が意識されやすい」と塚本准教授。

 一方で塚本准教授は「福井県の若い男性は、都会に比べると不満が出にくいはず」と考えている。保守的な性別役割意識がまだ根強いためだ。

 女性の働く割合や、週の就業時間が40時間を超える割合が全国平均より高い福井県。しかし、10年の県民意識調査では「男は仕事、女は家庭」という考えに賛成の割合が、男女双方で全国平均を上回った。男性の家事参加も少なかった。

 「家庭は同居の祖父母世代との相互扶助に支えられており、祖父母の保守的な考えが、父母の役割分担に影響もしている」というのが塚本准教授の見立てだ。

 鯖江市のコーヒーショップで、金融機関に勤める岡田研人さん(24)=仮名=は「男性の責任」を受け入れつつ話してくれた。「彼女とのデート代は自分が多く出すが、給料は同じなんだし、ほんとは割り勘が基本だろって思う。支店の草むしりも雪かきも、男性が早出してやっている。女性は普通の時間に出社。イラッとする」

 隣に座っていた高校の同級生が「俺たち、義務教育の間に男女平等と“洗脳”されてきたから」とおどけると、岡田さんもうなずいた。

 出席番号は小学校の途中から男女混合。学校では男女平等を、社会と家庭では「男の責任」を求められる彼ら。異なる価値観のはざまで揺れている。


最終更新:10月13日(土)8時56分

福井新聞ONLINE


スポンサーサイト


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
↑↑よろしければ応援クリックお願いいたします↑↑
皆様には何のメリットもありませんが、私がブログを続ける
モチベーションにつながります。



最近いい出会いがない?幸せがやってくる予感はここから♪ツヴァイ♪

【注目情報】一年以内に結婚を考える人が使っているシステムとは?

ブライダルネットの安心・確実なインターネット結婚情報!
[ 2012/10/13 12:39 ] その他 | TB(0) | CM(2)
初めまして
このカップルの事例男性情けないですね。多く出す事に不満であれば話し合って解決すべきかと…。

お金の問題以前に話し合いが出来ていない事に問題がある気がします。

そのまま結婚したら、大切な事を話す事が出来ない夫婦関係になってしまいますし、価値観がずれたまま…いつかそこでダメになりそうです。
不満が有ればそこをどうするか、乗り越える事をせず愚痴…って(^^;)
ちょっと問題が違うんじゃないかなぁと思いました。
[ 2012/10/19 13:07 ] [ 編集 ]
Re: 初めまして
みみこさん 書き込みありがとうございます。

>話し合って解決すべきかと…。

うーーん。どうなんだろう?。女の人が言う ”話し合い”って、
男から見ると ”話し合い”じゃないんですよ。

この辺の愚痴はネット上にたくさん落ちていると思いますので、

「太郎が書いていることは 嘘だーーー」

とお思いになるなら、グーグル先生にでも尋ねてみるといいと思います。

それか、私のブログのリンクにある西口先生のブログ

婚活ブログ ニッポンの婚活ビジネス(元)最前線

をよく読んで見るといいと思います。男目線からの婚活をキチンと
わかりやすく書いてくれています。
[ 2012/10/21 22:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

婚活太郎

Author:婚活太郎
アラフォーの男です。2010年8月から大手結婚情報サービス会社や大手婚活サイトを利用して約2年間婚活を頑張ってみましたが上手くいきませんでした。三年目にして大手仲人系の利用を開始しました。お見合いパーティの利用も開始しました。ココまでくると 婚活地獄 へ突入です。




受講者満足度95%のネットスクールって?
楽天カード 私のメインカードです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。